講師紹介

指導歴25年
4歳からピアノ・声楽を学び、九州女子短期大学音楽科を卒業後、地元にてピアノ教室を開講。コーチング資格取得。
(コンクール受賞者・高校教員、幼稚園・保育園教員、学校伴奏者多数輩出)

♢歳を重ねてきて、最近天然っぷりが発揮されてきました


★夢は、『僕のこと』という楽曲を生徒さんや保護者の方とみんなで合唱をする事です★


↓会った時に写真との違いを教えて下さい…😁

無事に☆
無事に発表会終わりました♪
ドキドキするーって言っていた子も、手が冷たくなっていた子も、顔がこわばっていた子も😌

何だかんだで、みんなしっかり弾いてくるんです。
素晴らしい✴
本当によく頑張りました。

次は合唱コンクールの伴奏が控えてますね。
次のステップに向かって進んでいきましょう🎵
発表会
とうとう、発表会間近になりました。1年前に、この曲が弾きたい♪と言っていた生徒さん。
自分なりに努力して、仕上げました✴後は舞台の上で全てを発揮しましょう★
ピアノを弾く脳への効果
我が子が、テスト勉強中に私は後悔しました💧やっぱり、ピアノを習わせておけば良かったと…
私自身がテスト勉強に苦労した経験がないので、子供を見ていて覚えるのがこんなに大変なんだと実感させられました(>_<)


速さと心理
気持ちが高ぶっている時はメトロノームのテンポを速めにして指の練習。
今日は気分が落ち着いているなぁと感じた時はテンポを少しゆっくりめに、、その日の気分に合わせ、テンポを変えて練習してみるのもいいですよ🎵
姿勢は大事
ピアノを弾く時にとても重要な姿勢。
頭から腰にかけて軽くSカーブに、腰に重心をかけ足が踏ん張れるように、椅子に座る位置も気にかけてもらっています☆音色さえ姿勢で変わってしまうのでみなさん大切にしましょう♪
ちんぷんかんぷん?
ピアノってよく考えると難しいですよね…右手と左手違う動きをするんですから。。
低学年の子達は、足で拍子を刻みながら左手のみでリズムをとる練習をしたりしています。まず、脳みそにこうするんだよ~って言い聞かせていくのが大事なのかも💮です。
夏休み追加レッスン
夏休みの間に合唱コンクールの伴奏練習をする為、追加レッスンをする子が毎年いまして‥譜読みの段階で「うーん💦」ってなる子もいるのですが、その時は曲を聞きながら楽譜を見て、部分練習をするようにしています。レッスンの時に分からないところを一緒にして、お家で反復練習♪
少しずつ形にしていきましょう✨
子供のパワーって凄い✴️
発表会が終わった直後…
『来年、何弾こうかな~』、『もう次弾く曲決まった!』と話してきてくれる生徒さん。

さっき、緊張する💦って言ってたのは何だったんだ(  ̄▽ ̄)みんなのパワーが凄すぎる
練習♫
日々の練習…なかなか1人でピアノに向かえない子、部活や習い事で時間を確保するのが難しい子、練習はちょっと面倒だなぁ💦の子。
先生から、この部分だけやってきてみて🎵とアドバイスがあるはず。
すこーし、、弾いてみたら…意外とできちゃうかもですよ✨
合唱コンクール
いよいよ合唱コンクールの楽譜が配られました。夏休み期間、伴奏担当の生徒さん達、一緒に頑張っていきましょう🌻
習慣
左手がなかなか動かすのが難しい。よく耳にするセリフです。確かに…
テレビを見ながらでも2番と4番のみを軽く動かす様にしたり、ドアを開ける時など日々の生活に何気に左手を使う回数を増やしてみて😊
まぁ、、練習をするのが一番なんですけどね💓